スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールド バイブリー なに~~!

さ~~

”ボートン オン ザ ウォーター”へ・・

と・・

その前に・・うっわ~~

素晴らしい車のオンパレードになっていた、ホテル前!!!

クラシックカー・・?

でも・・みんな新車みたいにきれい~~!!!

昼食に立ち寄ったらしい団体さんは愛好家の集いのよう・・

お出かけ前にしばし目の保養・・・




IMG_7200.jpg




IMG_7197.jpg



IMG_7203.jpg




IMG_7208.jpg



IMG_7206.jpg


IMG_7201.jpg



IMG_7209.jpg

スポンサーサイト

英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールド バイブリー 蜂蜜色の家とお庭

バイブリーの2日目はボートンオンザウォーター
その前にやっぱりもう少しバイブリーを・・

このあたりで採れる蜂蜜色の石コッツウォールドストーンの石の家とお庭は
今回の旅の私にとっての一番のハイライトなので・・


IMG_7192.jpg










IMG_7163.jpg





IMG_7167.jpg



IMG_7249.jpg


IMG_7171.jpg

英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ バイブリー散策 スワンホテル

アーリントンロウから見えていたスワンホテル

この日はボートンオンザウォーターに出かけることになっている・・

お出かけはいいから、きょうは一日このあたりでゆっくりしたい気がしていたなぁ・・




IMG_7189.jpg

この日の夕食はここで食べました♪





IMG_7195.jpg




スワンホテルの並びの個人のおうち
薔薇がすごくきれいだった。
これはポールズヒマラヤンムスクとなんだったかな・・・?









IMG_7188.jpg




スワンホテルの向かい側のガーデン

近くにトラウトファームがあり、マス釣りができる。




IMG_7253.jpg


昨日の朝撮りそびれたバイブリーコートホテルの裏側フットパス沿いの牧場

実は、ボートンオンザウォーターから帰ってすぐ一人走って撮りに行ったもの




IMG_7250.jpg


コルン川の支流?

古い木の小さな橋が、小さなお花で飾られ大切にされてるのがわかる。







IMG_7270.jpg


再びホテルの庭

鴨はやっぱり近いづいても落ち着いたものです。




IMG_7287.jpg



こちらも・・

かわいい雛とお母さん、

でも、お母さん、それとなく警戒してます。

お父さんもつかず離れずちゃ~~~ンと見はってました♪

芝の間から顔を出す白い小花は、かわいいデイジー。

どこにでも見られ、とても愛くるしいです♪






IMG_7266.jpg




白鳥がいましたが・・
ブラックスワンはいませんでした。
昨日と違う白鳥かもしれません。





英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ バイブリー散策 アーリントンロウ

ホテルのお庭と教会を散策し、そのまま続くアーリントンロー
とても素敵な散策コース
17世紀の建物ばかりの村と緑とお花が
コッツウォールズならではの風景をつくります・・
しばしお写真で・・

ホテルから1時間ほどかけてゆっくりめぐりました。






IMG_7152.jpg




IMG_7153.jpg



IMG_7154.jpg


IMG_7159.jpg




IMG_7167.jpg






IMG_7179.jpg


IMG_7178.jpg








英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ バイブリーの教会

朝食の後は、
3人で散策・・
まずはホテルの庭からお隣の教会へ・・
ドアを占めるとこんなサインが・・
ホテルへは自由に行き来していいのです♪






IMG_7128.jpg





IMG_7129.jpg

墓地を通って入口へ・・

お庭は薔薇がたくさん咲いていて明るいイメージ「




IMG_7141.jpg



お墓はホテルと同じぐらいの貫禄





IMG_7130.jpg








IMG_7140.jpg

かわいいモダンローズのスタンダードが古い教会をとり囲んでいるのが印象的




IMG_7145.jpg

中に入ってて座ると厳かなきもちになる・・



IMG_7142.jpg


このあとは
アーリントンローをお散歩

英国旅行・・薔薇の季節 コッツウォールズ/バイブリーのマナーハウス・バイブリーコートホテル3・・お庭

IMG_7054.jpg


ホテルのコルン川側・・
すてきなテラス




IMG_7057.jpg


朝食を頂くテーブルが見えます
薔薇が咲いています。



IMG_7075.jpg

薔薇は、ウィリアムモリスでした。

ウィリアムモリスはコッツウォールドで暮らしていたのですね♪


IMG_7101.jpg

左へ進むと川が流れています。



IMG_7080.jpg

ブラックスワンとホワイトスワンが仲良くやってきました~
感動~~~~!!

来るときの飛行機で、見た映画もまさに"ブラックスワン”

ひとしきりあたりを散策?して去って行きました。。。

この美しい庭を流れる川になんとよく似合っていたことか・・♪

早起きしてよかったわ~~

このとき見たのはわたしだけ(^^)v





IMG_7117.jpg



IMG_7118.jpg


鴨たちはいつもいて、少しも怖がったりしません。




IMG_7092.jpg





IMG_7067.jpg


ボーダーの左は教会




IMG_7072.jpg

教会につながるドア

素敵に咲いてるバラはニュードーン

ニュードーンもアルバーティーンと同じくよくつかわれている。



IMG_7073.jpg

ニュードーン



英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ/バイブリーのマナーハウス/バイブリーコートホテル2

一夜明けた早朝、6時に起きだして、雨がやんでいる外に出てみた。
みんなまだ眠っているし・・


IMG_7027.jpg

17世紀に建てられたマナーハウス。
ゾイさんも素晴らしいホテルだって言ってらした。
昨日は大雨でゆっくりお姿が見れていませんでしたが・・
貫禄のお顔です!!
私たちの泊まっているお部屋は向かって右側のウィング2階


IMG_7030.jpg

お隣のチャーチの庭からこのホテルの庭へへ自由に入って来れる。


IMG_7009.jpg


早朝はレセプションにもだあれもいない。。

その間にあっちこっち写真に収めておこう・・



IMG_7011.jpg



IMG_7018.jpg



IMG_7019.jpg

昨日ディナーをしたのは、一番向こうのテーブルだった。


IMG_7020.jpg



IMG_7021.jpg

ここで朝食を頂く・・

やっぱり誰もいないのはさみしいわね・・

薔薇の見える向こうのテーブルだといいな・・

次はお庭を見て来よう・・

英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ バイブリーのマナーハウスへ・・バイブリーコートホテル

バイブリーに着く前に・・
やっぱり迷ったとみえる証拠写真が・・
こんなところあったなあ・・


IMG_6997.jpg


まだここはホテルではありません。


刈込が素敵ね~~
お手入れ行き届いてます~♪



IMG_6998.jpg

視線を感じて~
見上げたら~
なんだかもも太郎さんの犬みたい^m^
もちろんここもホテルじゃない。



この後、しばらくしてお天気がたいへん
大雨の中迷いながら
辿り着きました。

楽しみだった素敵なホテル・・
この日でイギリス7泊目・・ここでは2泊する(^^)v

大雨の中どうやって部屋に入ったのか覚えていない。
3人とも・・もうふらふらだった・・

ここの記憶はなぜかこのバスタブから始まる…^m^


IMG_7000.jpg


いや~~~
マイッタ~~このお風呂・・どうしましょ・・


IMG_7003.jpg



外は雨で出られない

でも・・私たちはすぐに元気を取り戻して、夕食に・・
ここはとても美味しかった♪

お写真はのちほど、ゆう子さんにお借りすることにします。

続きを読む

英国旅行・・薔薇の季節/コッツウォールズ・・チッピングカムデン

ヒッドコートマナーガーデンをあとに
また迷いつつも、コーッツウォールズの小さな町
チッピングカムデンのハイストリート
に着きました。


IMG_6977.jpg

これが・・かの”はちみつ色の町並み”
中世のイギリスに、とまっているのは馬車ではなくたくさんの車で
みんながタイムスリップしてるみたいな錯覚をおぼえる。。



IMG_6980.jpg

こういうお店の一つで(二つで・・?)
きれいな手作りガラス細工のお土産を買いました。
(ワインストッパーとアクセサリー、10ポンドと14ポンド)




IMG_6987.jpg

粋なおじさんのカメラは日本製だった・・

IMG_6979.jpg


マーケットプレイス
羊毛の取り引きが盛んだったという・・


IMG_6982.jpg





IMG_6983.jpg





IMG_6986.jpg

英国旅行・・薔薇の季節・ヒッドコートマナーガーデン 

着きました
と~~~ても広く素晴らしいイングリッシュガーデン♪
そして有名なガーデンなので、人も多い・・
いくら人が多いからってね~~

ここで知人に偶然会うなんて・・!!!!





IMG_6879.jpg

もちろんバラもいっぱい~
これはアンブリッジだったかな・・・?
この背景があると、薔薇の名前もあまり気にならなくなってしまうんだわ~~


IMG_6887.jpg





くぐったり・・
向こうを覗いたり・・
という手法はよくつかわれています。
こういうの…取り入れたいですね~~
わが庭にも・・




IMG_6942.jpg





IMG_6920.jpg

ここも・・・くぐる・・・のぞく・・


IMG_6910.jpg


素敵なボーダーもいっぱいあったはずなのに・・

画像少ない…(__)




IMG_6892.jpg


本当に広いのです・・・


IMG_6938.jpg


ここはお庭のはずれのほう・・
ここの眺めも凄く素敵なのですよ~

・・つづく・・↓




続きを読む

英国旅行・・薔薇の季節/迷いながらヒッドコートマナーガーデンへ向かう

ストラトフォードアポンエイボンを、朝のうちに出発し、
また迷いながら・・
でも迷うことは、もうちょっと楽しみでもある・・
そして、今夜は楽しみな楽しみなバイブリーコートホテルに泊まれる(^O^)/



IMG_6818.jpg


モーターウェイから見える
このブルーはなんの色?



IMG_6821.jpg


早速迷いだしました~







IMG_6844.jpg


迷ったところ・・
もちろんどこだかわからない

いいのよ…こんなおうちが見れたんだもの・・♪



IMG_6843.jpg




IMG_6829.jpg



IMG_6848.jpg

サインがあった~
右だわね~


IMG_6841.jpg


このあたりで尋ねました。。
小さなおうちが並んでいます。
フロントヤードはそれぞれ花盛り・・♪


IMG_6834.jpg


黄色いイングリッシュローズ
"ジェーンオースティン?”

虫いないのか・・・いいな・・

英国旅行・・薔薇の季節/ストラトフォードアポンエイボン/シェイクスピアの故郷

シェイクスピアの生誕の町、
ストラトフォードアポンエイボンに、明るいうちに到着。
と言っても、9時前まで明るい夏のイギリスです。

シェイクスピアの立派な像や、戯曲の登場人物の像があるのですが、
私はほとんど撮っていなかったことに気づきました。(>_<)



ここはエイボン川の水と、素晴らしい古都の町並みが印象的だったのです♪


IMG_6730.jpg




IMG_6806.jpg

エイボン川の水鳥たち




IMG_6734.jpg

この川にはこういう船がたくさん停泊していました。
生活しながらあちこち移動できる立派な船。
キッチン、ベッドルームなんかもあり、
ガーデニングも・・!!!
屋根の上にはプランター♪



IMG_6735.jpg


水辺の向こうの教会





IMG_6771.jpg


こういう古い町並みがすばらしい!!



IMG_6765.jpg



IMG_6787.jpg



そのなかにある、
通りに面したシェイクスピア生誕の家
裏にお庭がある。
時間が遅いので入れない・・(>_<)
郊外の奥さんのおうちに入ったから
ま、いいか・・





IMG_6785.jpg


町じゅう、ハンギングが競うように下げられていて、
古い建物の素敵なアクセントです♪


英国旅行・・薔薇の季節/アン ハザウェイの生家へ

あちこち迷いこみながらも
私たちの旅は続く・・


IMG_6680.jpg



モーターウェイには牧場もぎりぎりまで迫っていて
羊や牛、馬も放牧されてる風景が点在するが、
走りながらシャッターをあわてて切りましたが
あれ・・?
牛も羊もいないわ~~^m^







IMG_6683.jpg




いい香りのバイカウツギが大きく育っているのもあちこちで見かける。

アン ハザウェイ はシェイクスピアの妻。

生家がここらしい・・


私たちは確実にストラトフォード・・に近づいてるね。。




IMG_6686.jpg


サインがあるとホッとする



IMG_6713.jpg


お庭はもちろんきれいですが、

有名なスポットは人が多いので

あちこち迷いこんだお庭が静かで素敵だったなあと・・




IMG_6712.jpg


IMG_6691.jpg


英国旅行・・薔薇の季節/迷い道 寄り道 Again

ストラトフォードアポンエイボンへ向けて出発した私たちは
何度か道に迷い、素敵な風景に出会いました。

その度にお写真・・
まあ・・
夜までに着けばいいのだわ・・

地名は何かサインがあれば撮るのですが、
ここはどこだかわからない~



IMG_6644.jpg

道すがらどこまでも広がるポピー畑~
車を止めてしばしお休み・・




IMG_6636.jpg

薔薇の咲くすてきなおうち。



IMG_6637.jpg



IMG_6661.jpg

小さな教会ですが、貫録です。
左側は墓地でした。



IMG_6669.jpg

ポールズヒマラヤンムスク、このバラもあちこちでよく見かけました。


いちいち止まっていてはきりがないのですが、
こんな村があちこち点在して、いるイギリスです。

英国旅行・・薔薇の季節/17世紀に建てられたゾイさんのお宅へ

私たちはとてもラッキーな旅をしているね♪
道に迷って素敵な人に出会えて、
温かくこんなかわいいお庭にいれてもらって、
お茶までごちそうになった♪




IMG_6576.jpg


ゾイさんは、イングリッシュローズがお好きのようね♪
お部屋のテーブルの上には、デヴィッドオースティンの今年のカタログがあった。



IMG_6578.jpg







IMG_6577.jpg



IMG_6583.jpg

ご主人のピーターさんもゾイさんといっしょに、おうちの中へ案内してくださる。


IMG_6601.jpg

このおうちの中、どんな?
興味津津




IMG_6593.jpg

お茶をいただいたリヴィングからお庭を・・


IMG_6591.jpg

素敵なお部屋の中を・・
"珍しいんでしょう"と言ってくださり、快く写真を撮らせていただいた。

17世紀にたてられたお家だそうですが、中は新しく豪華で、素敵なキッチンも・・

でもやっぱり床などは傾斜があったりするようです。


Read more にtつづく↓





続きを読む

英国旅行・・薔薇の季節 / 寄り道?迷い道?の素敵な村 ロングクレンドン 

6月19日には
楽しかったロンドンの5泊を終え、
レンタカーでコッツウォールド地方へ向かう~

今日の夜までにストラドフォードアポンエイボンのホテルに着かないといけない。
車の中はいつも緊張感が漂う

カーナビはあるものの道に迷うことしばしば・・

そしてその行き当るところの素敵だったこと!!

道に迷うことがたいへんなことだと思えなくなってしまうほど~~



IMG_6602.jpg






その中での素敵な村”ロングクレンドン”は、地図で見るとオックスフォードに近い。



IMG_6555.jpg




IMG_6553.jpg

なんと素敵なおうちでしょう~
このおうちは2軒続き、二つのコテージの名前がある。
後で調べてみましたら、
この家はかつて1612年にはすでにこの村の産業だった、針作りのおうちらしい。
家の中にはコミュニケーティングカップボードがあり、
それを通して製造途中の針が移動できたらしい。
そしてこの街には針作りのおうちが、至る所に残っているそうです。




IMG_6531.jpg


何百年も経った石のおうちと、さりげなく咲くお花が本当に素敵。
イギリス人のほとんどがお花が好き、ガーデニングが好き・・になるのがよくわかる気がする。




IMG_6568.jpg

赤いバラも・・♪


IMG_6569.jpg

白いバラもみんな似合う♪


図書館の地名の入った看板の前で、3人そろって写真を撮ろうと、
通りかかったレディーに頼むと・・

ここはきれいじゃないから

うちのお庭にいらっしゃい

・・・と!!!

村を少し見てからお伺いすることに・・

そして私たち3人はゾイさんの素敵なお庭とおうちへ~~

IMG_6575.jpg

ここは・・おうちではなく、はなれのよう・・


次はゾイさんのお庭とおうち拝見♪

英国旅行・・薔薇の季節/ウィンザー城 イートン校

ブログのテンプレートのデザインを変えました。
前のも明るくてよかったのですが、横構図がいつもすんたらずになってしまうので・・・

これで横構図も全面OK




さて、無事パディントンに着いて往復切符を買って電車に乗り、
(自動の切符はどうやればいいのか全然わからず、窓口を探して・・
窓口の係りの人は、親切にも、5番ホームから乗ることも教えてくれる。)

IMG_6409.jpg

Slough で乗り換え・・
ここも危なかった。。

”地球の歩き方”には、直行もあるっていうし、電車の中のアナウンスもないし・・
窓口の係りのおじさんもなにもいわなかったし・・・
直行よ♪といってたけど・・・
一応ここで子連れのイギリス人のお母さんにたずねると・・乗り換えじゃん

あわてて降りた。

ウィンザー行きの線路はこうなっていた。

"直行?”・・・・ありえない!!

Sloughとウィンザーの駅の間を行ったり来たりしているのだ。



IMG_6422.jpg



ウィンザー城は、やっぱり中がメイン。。
今でも行事があるときには使われているのでか、大変なセキュリティーチェック
飛行機並みです!!







IMG_6441.jpg



薔薇を1本見つけて撮る。。

バックがいいからなかなか絵になる。






IMG_6440.jpg




IMG_6438.jpg


中は見学できて、素晴らしいのですが、
撮影禁止。。
しっかり頭に入れて・・

お庭は上からのぞくだけ~~



IMG_6469.jpg

ウィンザーをあとにテムズ川を渡れば

イートン校



IMG_6479.jpg

未来のエリートがジェントルマンの国らしく・・
制服は小学生もモーニング
…この姿にはまいりました。。
イケメンの学生さんががこっちにきます~~♪


IMG_6480.jpg

高校生かな・・?

IMG_6482.jpg


モーニングが制服・・?
いくらなんでも…普段はちがうでしょうと思っていましたが・・・

百聞は一見に如かず!

英国旅行・・バラの季節/ポートペローの骨董市

6月18日は楽しみなウィンザー城へ出かける日、
午前中にポートベローの骨董市へでかけました。


IMG_6372.jpg

道すがら、かわいいおうち~♪
若者が多い町

IMG_6383.jpg

あら?
このドア・・どうなってるのかな・・?

この後、いろいろなところでこんなドアを見ました。

ちょっとノブを回してみたいけど…ダメダメ



IMG_6375.jpg


何でも売ってる・・




IMG_6386.jpg


ベースだけの路上ライブもとても似合う・・




IMG_6376.jpg


アクセサリーを選ぶのも大変そう・・
ありすぎ~~


IMG_6385.jpg



IMG_6394.jpg


活気にあふれたポートベローを後にして
わたしはゆうこさんと二人で街角ウォッチングをしながら
パディントンの駅へ向かう

ロンドンは緑が多い~

この道であってるのかなと思いながら・・・・の道は長かった・・

バスに乗るにも、目的のバスが止まるバス停がどこなのか?
それを探して歩き回っているうちに着いちゃう^m^






IMG_6398.jpg



イギリスの至る所で見かける教会





IMG_6402.jpg



歩くのは楽しい~

しかし私は歩きすぎてることにこのときは気が付いていない。

1日3万歩以上!!!












英国旅行・・薔薇の季節//オープンガーデン・個人のお庭へ

ポールズデンレーシーをあとにして~
急きょ~
毎年オープンガーデンをなさっているお宅のお庭をみせていただくことに~♪

これが個人のお宅なんて~~~!!!

イギリスのオープンガーデンは本当にレベルが高い!!!


手入れの行き届いた広いお庭は、どちらを向いても美しい!!!



帰りに外国から来た私たちもその活動に少し寄付。

住人であるレディーがわざわざお礼を言いに出てきてくださった。

赤いセーターのよく似合うジーンズ姿のほっそりした年輩の素敵なレディーだった♪





IMG_6322.jpg



IMG_6292.jpg


IMG_6291.jpg



IMG_6296.jpg



IMG_6309.jpg


IMG_6318.jpg



IMG_6306.jpg


IMG_6326.jpg

帰り際、ガレージのバラにサヨナラ・・
ここにも・・アルバーティーン
プロフィール

roserose

Author:roserose
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。